2017年4月24日月曜日

オオムラサキも始動

今、オオムラサキは越冬後の春一番の脱皮を始めています。
エノキの芽吹きとオオムラサキの食欲との競争が始まりました。
4月の初め、蝶の小屋の大掃除をした時には、全く芽吹いていませんでした。

が、気温が上がり始めると、一気に芽吹き始め・・・

脱皮した幼虫。一般的には5令幼虫(個体によって脱皮の回数が違うことは数年前に確かめてありますので) 。脱皮すると食欲も一気に高まります。

幾つかの幼稚園や小学校のエノキにも袋をかけ、幼虫を入れてきました。  


今の所、小屋の中は葉っぱの勢いの方が勝っているようですが、その代わり、小学校の小屋には、気温の上昇に合わせるかのようにアブラムシが大発生。
今一番の課題は、てんとう虫集め。3日かけて300匹ほど集めてきたのですが、まだ負けています。


てんとう虫を集めているときに撮ったベニシジミ。 

自然の中では、木も虫も一斉に生命の活動を始めました。

励ましのポチッをお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ご近所さん。水浴びハクセキレイ、バン、クサシギ、アオジ

先日の林からの帰り道、近所の川も覗いてみました。
まず目に入ったのは、若鳥を連れたバンでした。

次は、クサシギ。冬鳥なのでもうすぐいなくなるのでしょうね。

ハクセキレイは、水浴びをした後の羽の手入れを見せてくれました。

この子がもう一度川の中に入って行ったので、目で追っていくと、ちょっと横の茂みで鳥の気配。なんと目に入ったのはアオジでした。
初め、スズメ?って思ってしまい、カメラを向けるがの遅れ、撮れたのは後ろ姿だけ。すぐに草の中に入ってしまいました。

で、アオジがいなくなった後、すぐ横の川の中で、ハクセキレイが、また水浴びをしてくれました。広げた尾羽が、古え人の裳裾のように思え綺麗でした。
尾羽の上で、後ろ手に組んだ両羽が可愛いと思いました。

励ましのポチッをお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2017年4月22日土曜日

オレンジの樹液酵母にびっくり。ミヤマシキミ、ニオイタチツボスミレなど

林道は、道脇の木々がしっかり刈り込まれており、木の切り口がオレンジ色に染まっていて、びっくりしました。
見たときは粘菌の一種かと思ったのですが、帰ってから調べてみると、「樹液酵母」というものだとわかりました。ネットで見つけた説明は、「糖分の多い樹液に酵母菌が付着して発酵し、それに赤カビの一種が繁殖してこのような色合いになる」とのことでした。カエデ、ミズナラ、ミズキ等に多いようです。

太い幹の内側がわかるこんな切り株もありました。ナラ枯れの現実でしょうか。

 電線を取り込んでしまった枝が、こんな風に残されていることを教えてもらいました。

ミヤマシキミの花が咲いていました。

キランソウも林の中で咲いているとカメラを向けたくなります。

 葉が丸くて花びらが大きいこのスミレはニオイタチツボスミレと思ったのですが。

マムシグサの芽がこんな風なのは初めて見ました。

キブシでしょうか。かんざしのようで可愛かったです。




励ましのポチッをお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2017年4月21日金曜日

オシドリ、オオルリにもかろうじて会えました。

林の鳥たちにも会いたくて、出かけてきました。
今季、留守にしている間に冬は終わってしまいましたが・・・

いつもの場所にオシドリがいてくれました。

鳴き声はいっぱい聞きましたが、撮れたのは、思いっきり証拠写真のオオルリだけ。

他に、声だけですが、ソウシチョウ、コジュケイ、アオバト、ミソサザイ、アオゲラ、カケス、ツツドリ、トラツグミ、イカルなど。確認できたのは合計28種類の鳥たち。

ガタガタ物音がするので覗いてみると、檻の中にイノシシが入っていました。鳥友さんたちはかわいそうで見ていられないというのに、私は近づいて写真を撮ってきました。
この子たちのこれからを考えると、かわいそうですが、イノシシが増えてしまうと、被害も出るので、私は、仕方がないかなあと・・・私の神経はドライにできてます。
林道にはアオダイショウが寝そべっていました。アスファルトが暖かくて気持ちよさそうでしたが、脇の溝に退いてもらいました。


面白いものも教えてもらいました。
電線?に食い込んでしまい、取れなくなった木の枝でした。



励ましのポチッをお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2017年4月20日木曜日

アカエリカイツブリ、顔黒ユリカモメ、チュウシャクシギ、ホウチャクシギ、セイタカシギ、ツルシギなど

先日、久しぶりに海辺に行き、シギチ類に出会ってきました。

先ずは、アカエリカイツブリに合わせていただきました。
干潮時で、しかも海辺は潮干狩りの真っ最中。鳥たちは遠かったのですが、なんとかアリバイ写真は撮れました。4年前に北海道で出会ったことを思い出しました。

夏色に変わってきた真っ黒顔黒のユリカモメがいました。

残念なことに、近くにモーターハングライダーの基地があり、モーター音が響いて近づいてくる度に鳥たちが飛び立って右往左往していました。グライダーの人たちは、飛び立たせて、鳥と一緒に飛ぶのを楽しんでいるかのようでしたが・・・

ミヤコドリは、遠くにできた干潟に10羽以上はいたでしょうか。飛び立つ時は一斉に群れるのですが、降りるとバラバラになって餌探しです。

チュウシャクシギはそこそこ近くで餌探しをしてくれましたが・・・それでも

しばらくすると、今度はホウロクシギが近づいてきてくれました。捕まえたのはシャコ。

嘴と足が黄色のカモメもいました。いつも出会えるウミネコと違い、カモメはとってもやさしい風情でした。

場所移動する途中で、田植えの準備が始まった田んぼの中で、あぜ道と間違えて巣を作ってしまったケリを見ました。水を張る前には、トラクターで耕した時にできた土の筋が、畦に見えたのでしょうね。

次の池?で出会ったのは、セイタカシギとツルシギ。
セイタカシギも、とってもやさしい雰囲気。可愛いですね。




励ましのポチッをお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ