2018年1月9日火曜日

志賀高原熊の湯スキー場

去年は一度もスキーには行かなかったので、本当に久しぶりのスキーでした。

橿原市が毎年この時期に行っているスキー教室に、今年初めて参加して来ました。
スキー教室はバスツアーなのですが、私たちは、現地集合で参加させていただきました。奈良から車で7時間半。1日早く現地に到着し、前泊しておきました。

熊の湯は、初めてのスキー場でした。

スキー教室は最高の景色の中で始まりました。
最高の景色の中でのスキー教室だったのですが、講習が終わる頃には、雪模様に。

2日目は、午前中は雪模様だったのですが、午後になると快晴。

3時過ぎには講習が終わり、第2リフトの一番上まで上がって見ました。
笠ヶ岳の勇姿と、その向こうに広がる雲海が待っていてくれました。
見事な樹氷のモンスターが出来上がっていました。

向こうに見えているのは、熊の湯スキー場の第3リフトのクワット降り場。
あそこから隣のスキー場の横手山・渋峠スキー場への連絡路が伸びています。

翌日は、自由行動。
熊の湯スキー場の第3リフトのクワットに乗り、連絡路を滑り降りて横手山・渋峠スキー場へ 向かいました。天気予報では曇りだったのですが・・・
中腹のレストランで昼食をとっていると、雲が開け、目の前に妙高山と黒姫山の景色。

山頂は雲に覆われていましたが、大急ぎで山頂へ向かいました。晴れるのを期待して。
とりあえず、横手山の頂上に向かうリフトから見えた景色を撮っておきました。
笠ヶ岳と熊の湯スキー場も一部見えています。
はるか向こうに見えているのは妙高山と黒姫山。
残念ながら山頂まで上がるとやはり雲の中。風もあるので、少しでも晴れ間があるのではないかと展望台でしばらく待ったのですが、とうとう、晴れ間は現れませんでした。

雪も激しくなって来た3時半ごろゲレンデを引き上げホテルに戻りました。

翌日は、1日かけてゆっくり帰ろうと、一つ尾根違いの山田温泉に寄って来ました。
日帰り温泉の「大湯」は、入湯料300円。
300円というお風呂は大抵そうなのですが、ここも石鹸など置いてなくて、「要るならそこのお店で買って来てください」と。で、買いに行くと、お店では「ちょうど売り切れていてありません」。戻って来てその話をすると、帳場のおじさん「使い古した石鹸でよければ貸しましょうか?」と。ありがたく貸していただき、硫黄の匂いのする温泉の雰囲気たっぷりのお湯を楽しんで来ました。




励ましのポチッをお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2018年1月1日月曜日

新年おめでとうございます


新年おめでとうございます。
(ネットに出ていた犬のイラストを真似ながら、子犬2匹も付け加えて書いて見ました)


鳥見に出かけていないので、鳥の写真がありません。
かわりに、1才になった孫の写真を使わせてもらいました。
 このモビールを気に入ってくれているようで、嬉しいです。
一緒に鳥見ができる頃まで元気でいられるよう、健康に気をつけて生活して行かねばと思いながら新年を迎えています。

励ましのポチッをお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2017年12月10日日曜日

近所でジョウビタキ、ケリ

 畑に行こうと家から出て行くと、「カッカッ」と嬉しい声。ジョウビタキです。家の近所にあるよその畑の中。大急ぎでカメラを取りに戻りました。どれもトリミング無しの写真です。
 先ずは、生垣越しに、生垣の枝の隙間から隠れながら一枚。手前に枝がありますが、ピントはしっかり鳥の方に合っていました。

今度は、生垣の影から出て。私の姿も見せたのですが、逃げずにいてくれました。

カメラ持参ついでに、うちの畑の近くの田んぼにいたケリも撮っておきました。(こちらは、フレームがずれてしまったので、ちょっとトリミングしてあります。)一度シャッターを押すとフレームがずれるのがこのカメラの難点です。

畑からの帰り、まだいてくれました。
嘴にくわえた蜘蛛の姿まではっきり撮れていました。 
もう少しズームアップしてみました。 
 
励ましのポチッをお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2017年12月6日水曜日

買い物途中でチョウゲンボウ、ニュウナイスズメ

買い物に行く途中、近所を回って見ました。
池には、コガモ、マガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロなどが入っていました。
池の周りの電線にはニュウナイスズメが数羽とまっていました。



田んぼの中ではチョウゲンボウが撮れました。
かなり遠かったのですが、まず一枚撮ってから近づきました。
 日差しもよく、可愛く撮れました。

田んぼの中の用水路にクサシギが入っていたのですが、撮る前に気づかれてしまいました。



励ましのポチッをお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2017年12月4日月曜日

ノスリ、アトリ、コウノトリ、カワアイサ、イカル、そして来日岳の雲海

両親の法事で実家に帰って来ました。法事が終わり、一泊して、今日は故郷の鳥や景色を楽しんで帰って来ました。

朝起きると、家の周りは霧に囲まれ、完全に雲の中でした。でも、昨日見かけたコウノトリをどうしてもカメラに収めたくて、雲海を見に行きたい気持ちを抑えて、あたりを見回ってみました。
出石川から円山川辺りは霧の名所。霧の中の鳥というのもここらしくていいかなと思い、載せることにしました。

はじめに道路から農道に車を進めてすぐ、目の前に見えたのはノスリでした。すぐ目の前にいるのに、思いっきり霧の中なので、アップに耐えない写真ばかりですが・・・。

大きな鳥の群れが飛び立ち、離れた電線に止まりました。
近づいてみると、アトリでした。これも霧の中なのですが、アリバイ写真です。 

少しあちこち車で回って、今度は10羽ほどの鳥の群れ。カワラヒワでした。 

土手沿いに車を進めていると、ウォーキングをしていた夫が「この先にコウノトリが3羽いる」と教えてくれました。
 

この近くで群れていたのがカワアイサ。昨日、この少し上流で見かけていたので、今回は絶対会えるとは思っていたのですが、やはり霧の中なので・・・。

そして、最後に見つけたのがこの群れ。
何だろうと双眼鏡で覗くと、イカルでした。
 

どの鳥も珍しい鳥ではありませんが、私には今季初の嬉しい鳥たちでした。

1時間ほどすると、田んぼの中の方は霧も晴れ始めてきました。
川の中にいたコウノトリが入っていました。

鳥見を終え、帰り支度をしてから来日岳に向かいました。
円山がわの下流域はもう、霧は晴れていたのですが、可能性を信じて・・・。
かろうじて残っていました。一番奥に東床尾山見えました。雲の下のは円山川がもう見えていました。 
神鍋山がはるか向こうに見えていますが、奥神鍋のゲレンデが雪で白くなっていました。


励ましのポチッをお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ